投稿者 okigaru | 2013/05/15

Wordpressで作った海洋生物DBをイントラネット内で公開する

興味津々(^_^;

海辺でシステム開発してます!

こんにちは、marineastyです。

海洋生物データベースのFileMaker版プロトタイプは
システム的にはだいたい出来たのでインスタントWeb公開機能で
イントラネット内で閲覧出来るようにしています。

FileMaker Pro でのインスタント Web 公開では、
Webブラウザーでの同時接続は5セッション。
FileMaker Server Advancedでデータベースをホストする方法もありますが
デザイン、機能、操作、開発工数などなどを考えて
Webで公開をするときはWordPressにデータを取り込んで公開する予定です。

そこで実験的にイントラネット内で
WordPress版の海洋生物データベースを公開してみることにしました。
手順を簡単に書いておこうと思います。

1.httpd.confの設定

a. ServerNameディレクティブの設定

/Applications/MAMP/conf/apache/のフォルダにある
httpd.conf
をテキストエディターなどでひらいて
ServerNameディレクティブ
を書き換えてサーバ自身を示すホスト名(またはIPアドレス)とポートを設定します。

# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If your host doesn’t have a registered DNS name, enter its IP address here.
#

ServerName localhost:8888 ← この行の青い部分を書き換えます

ServerName xxx.xxx.xxx.xx:ポート番号

xxx.xxx.xxx.xxは、ホストにしたいPCのIPアドレスを設定
ポート番号は、今回はテストなので8888

b. Listenディレクティブ
コネクションを受け入れるポート番号を設定します。

# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80

Listen80
Listen8888← この行を追加しました

「8888」番ポートでもリクエストを受け付けるようになるようです。

httpd.confファイルを保存します。

3.WordPressのダッシュボードの画面から

元の投稿を表示 さらに12語

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。